思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【NFL】第15週、AFC東地区と筆頭に優勝争いは大激戦(追記あり)

AFC東地区、3チームが8勝で首位に並んでいましたが、第15週も3チームは一歩も譲らず全て9勝目をあげました。特にドルフィンズですが、ここ9試合で7勝と調子をあげており、3試合連続で相手チームにTDを与えない堅守でロースコア戦を勝利しています。最終戦は同地区のジェッツ戦ですから、ここまで東地区の優勝争いは続きますね。
一方北地区では、スティーラーズvsレイブンズを地区の1、2位が直接対決、第3Qまで3-9とリードを許していたスティーラーズが第4Qに1FG、1TDをあげて13-9で逆転勝ちし地区優勝を決めています。この結果、ワイルドカード争いは、東地区9勝のドルフィンズ、ペイトリオッツ、ジェッツ(この3チームは優勝争いもしていますが)、北地区で9勝のレイブンズ、南地区で10勝目をあげたコルツの5チームに絞られました。
NFC東地区は、カウボーイズがワイルドカード進出をかけて既に地区優勝が決まっているジャイアンツと対戦、20-8で快勝しプレィオフ進出に望みをつなぎました。北地区ではバイキングスとベアーズ(12日にセインツに勝利)、南地区ではパンサーズとファルコンズが優勝争いを演じています。この4チーム(優勝できなかった2チーム)とカウボーイズがワイルドカードを争うことになりますね。
両地区とも優勝、ワイルドカードが最終節までもつれ込むことは確実ですから、12月29日が楽しみですね。
開幕以来連敗街道まっしぐらのライオンズですが、コルツと対戦し第4Qに一度は21-21と同点に追いつきましたがその後にTD、FGを奪われて開幕14連敗となってしまいました。
b0077271_2081679.jpg
b0077271_2082440.jpg
b0077271_2083138.jpg
b0077271_2083820.jpg
b0077271_2084533.jpg



第15週の結果
ベアーズ 27-24 セインツ
ラムズ 20-23 シーホークス
ジェッツ 31-27 ビルズ
ドルフィンズ 14- 9 49ers
チーフス 21-22 チャージャース
コルツ 31-21 ライオンズ
テキサンズ 13-12 タイタンズ
ファルコンズ 13-10 バッカニアーズ
ベンガルズ 20-13 レッドスキンズ
ジャガーズ 20-16 パッカーズ
カーディナルス 14-35 バイキングス
パンサーズ 30-10 ブロンコス
レイブンズ 9-13 スティーラーズ
レイダース 26-49 ペイトリオッツ
カウボーイズ 20- 8 ジャイアンツ


写真は http://www.nfljapan.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2008-12-15 12:30 | 球技