思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【NFL】プレィオフ開始、カーディナルス、チャージャーズが勝利

いよいよスーパーボールにむけてのトーナメントが始まりました。まずはワイルドカードプレィオフの2試合があり、NFCではカーディナルスが30-24でファルコンズを、AFCではチャージャースが23-17でコルツを破り、勝利をおさめました。
まずはカージナルスvsファルコンズ戦が行われ、カージナルスは控えに降格していたRBエジャリン・ジェイムス選手が大活躍、73ヤードを獲得しています。コルツ時代の活躍を彷彿してしまいました。試合はカージナルスが優勢に試合を進めますが前半終了間際に2TDを奪われて逆転されてしまいます。
しかし、後半開始早々にアントレル・ロール選手のファンブルリカバーTDで再逆転し、新人RBティム・ハイタワー選手のTDランでリードを広げて逃げ切りました。ファルコンズもQBワーナー選手を中心に頑張りましたが一歩及びませんでした。
b0077271_14404265.jpg
b0077271_14405131.jpg


さてAFCはコルツvsチャージャースという注目の対戦でした。試合もオーバータイムまでもつれる好ゲーム(特に両チームのディフェンスがよかったと思います)となりました。特にチャージャースでは2人のS、パンターのマイク・シフレス選手とRBのダレン・スプロレス選手が大活躍です。
シフレス選手のパントはいつもコルツのエンドゾーン近くまで飛び、コルツQBマニング選手をもってしても攻撃の幅が限られてしまうポジションを確保したことは大きかったと思います。
そしてスプロレス選手は、リターナーとして176ヤード、ランで105ヤード、そしてレシーブで45ヤードと一人で300ヤード以上も獲得する大活躍、最後にもオーバータイムで勝利のTDをあげるなど、怪我の影響か第1Q以降は出番のなかったトムリンソン選手がいないラン攻撃を一人で支えました。

b0077271_1441679.jpg
b0077271_14411357.jpg
b0077271_14412172.jpg

試合結果
カーディナルス 30-24 ファルコンズ
チャージャース 23-17 コルツ

2試合とも、今年の混戦NFLを象徴するような逆転あり、インターセプトあり、スーパープレィありの見ていて面白い試合でした。明日は未明にドルフィンズvsレイブンズ戦、早朝にイーグルズvsバイキングス戦があり、ベスト4が決まります。明日の試合好ゲームを期待しましょう。

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-04 14:41 | 球技