思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【NFL】ワイルドカードプレィオフ2日目、ドルフィンズ自滅、イーグルスが勝つ(追記あり)

ドルフィンズvsレイブンズはドルフィンズQBペニントン選手が4インターセプトをきっし、9-27で敗北です。
早朝からTV観戦していましたが、第1Qは両チームともディフェンスが頑張りFGの3点のみ、ドルフィンズにとっての敗因の一つは第2Q終盤にペニントン選手のパスをインターセプトされそのままTDされたことではないでしょうか。ドルフィンズディフェンスはレイブンズオフェンスをしっかりおさえていましたから、このTDは痛かったですね。とはいうものの第4Qに入り、レイブンズディフェンス陣にほころびがでて(パスインターフェアが2回)、TDを返してさあこれからと言うときに、ポイントアフタータッチダウンのキックをブロックされたことが第2の敗因と思います。しかしその後の攻撃をしっかり抑えて、反撃開始。相手陣にはいってのリバースプレィでのファンブルが致命的でした。このプレィが決まっていればTD、最低でもFGは決定的でしたから、残り5分で8点差となれば勝機はあったかと思います。
レギュラーシーズンはそれほどインターセプトされなかったQBペニントン選手のパスが通らなかったこと、すなわちミスが多いチームは勝ちあがれないということが実証された試合だったと思います。これでドルフィンズの今シーズンは終了してしまいましたが、ここまでファンを楽しませてくれたチームに感謝します。ペニントン選手は、今季について「特別な年だった。それだけに、とても悔しい。勝ち続けて、どこまで行けるかを見たかった」と、夢半ばで敗れたことを悔やんでいました。この気持ちをライシーズンにつなげて欲しいものです。
b0077271_1126123.jpg
b0077271_11261150.jpg
b0077271_11262595.jpg

一方のNFCはイーグルズvsバイキングスが対戦しました。こちらはスコアカードしか見ていないのでなんともいえませんが、第4Qまで逆転につぐ逆転の好ゲームだったようです。そして第4QにイーグルズのQBマグナブ選手が70ヤード以上のTDパスを通しワンプレィでTDをとったことが、接戦にピリオードを打ち勝機を手繰り寄せたのではないかと思います。マグナブ選手恐るべし、接戦ではキャノン砲が威力を発揮することを証明したともいえます。
b0077271_11264031.jpg
b0077271_11265881.jpg



プレィオフ2日目の結果
ドルフィンズ 9-27 レイブンズ
バイキングス 14-26 イーグルス

写真は http://www.nfl.com/scores から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-05 07:36 | 球技