思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【政治】渡辺元行政改革担当相が自民党を離党、第2次補正予算は衆議院を通過

自民党の渡辺喜美元行政改革担当相が正式に自民党を離党しました。その後の会見でこのような発言をしています。
「全国の志の高い人々と連携し、国民運動を起こす。志を同じくする人々とは今後とも党派を超えた協力を深めたい。」当面は無所属のまま、知事や地方自治体の首長、議員らに呼び掛けて全国でタウンミーティングなどの運動を展開し、新たな政策集団「国民会議」の設立を目指す考えを示したそうです。そして民主党など野党との連携については、「国会議員ありきの運動ではないので、国会議員に声を掛けて頭数をそろえるということは考えてない。」と今までの主張を繰り返していますが、戦術の国民運動の展開次第では、次期衆院選で国民会議の独自候補を擁立する可能性を示してもいます。
既存の枠組みにとらわれない新しい政策集団の結成を考えているようですが、大阪府の橋下知事とは会談したものの主旨に賛同してもらえなかったようです。道のりは多難のようですが、頑張って初志貫徹して欲しいですね。
b0077271_2173374.jpg


そして波乱含みの国会では、総額2兆円の定額給付金が盛り込まれた2008年度第2次補正予算案と関連法案が衆院本会議で、与党などの賛成多数で可決、参院に送付されました。
当然、民主、社民、国民新の野党3党が提出した2次補正から給付金を切り離す修正案は否決されました。
与党は、財務金融、総務、国土交通各委員会で、給付金などの財源として財政投融資特別会計から4兆円を一般会計に繰り入れる特例法案など関連法案を採決、可決しています。いよいよ2兆円のバラマキがはじまりますね。麻生首相は世論調査結果を無視して採決したことをどのように考えているのでしょうか、ぜひ本音を聞きたいものですね。
これで、野党は審議拒否などの手荒い戦術をとることは必至となりましたので、国民不在の国会がはじまってしまいました。麻生首相のいう、解散より経済危機を乗り切るためには国会を開催して法案を通過させることが重要という声はしらじらしく聞こえます。野党が審議拒否をするのが悪いという考えもありますが、その原因をつくったのは与党ですから、どちらもどちらだと思います。
自らの党利党略ではなく、国民のために何をすべきかを考えて欲しいですね。

写真は http://www.jiji.com/jc/p から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-13 21:08 | 日記