思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

【米国大統領】オバマ氏、第44代大統領に就任、なかなかの演説

250万人の人が集まると言われていたオバマ大統領の就任式が首都ワシントンで行われました。日本でも生中継されていましたのでご覧になった方も多いのではと思います。私は起床してから、最後のパレードをちょっと見ただけでなんともいえませんが、とにかくよくこれだけの人が集まるものだと感心しました。さて私の一番の関心事の演説ですが、新聞の要旨を読むとなかなかのものですね。主旨は
■米国の挑戦
「われわれが危機の真っただ中にいることは明らかだ。わが国は、暴力と敵意の広大なネットワークに対する戦いを行っている。われわれの経済はひどく疲弊している。これは、一部の人びとのどん欲さや無責任さによるものだが、一方で、厳しい選択を回避し、新たな時代に向けて準備を怠ったわれわれすべての責任でもある」
「われわれが直面している問題は現実に存在している。それらは深刻で、数多く存在している。簡単な方法や短期間では解決しない。だが、米国よ、これらはいつか解決されるだろう」
「今日、ここに集まったのは、われわれが恐れではなく希望を、争いや不和ではなく目標を共有することを選んだからだ」
■経済危機
「現在の経済状態は、大胆かつ素早い行動を求めている。われわれは、新たな雇用を創出するだけではなく、成長のための新たな基盤を築くために行動する」
■政治変革
「長い間、米国政治を押さえつけてきた、取るに足らない不平や口約束、非難の応酬、陳腐な教義。こうしたものに終わりを告げるためにここにやってきた」
■外交・テロリズム
「われわれは、これまでよりもはるかに大きな努力を必要とする新たな脅威に対処しなければならない。世界の国々とのより深い協力と理解が必要だ。われわれは、責任をもってイラクをイラク国民に委ねるとともに、アフガニスタンでの平和の構築に努力を惜しまない」
■人種問題
「男性や女性、あらゆる人種、あらゆる信仰をもつ人びとがこの壮大なモールに集まり、60年前には地元のレストランで食事をすることも許されなかった父を持つ男が、最も神聖な宣誓を行うためにあなた方の前に立っている、これがわれわれの自由と信念の意味だ」

です。全文(邦訳版)は朝日新聞に掲載されていますので、下記サイトをご覧ください。
演説の全文 → http://www.asahi.com/international/update/0121/TKY200901210035.html
b0077271_1264894.jpg
b0077271_1285689.jpg
b0077271_1271273.jpg
b0077271_1272760.jpg

b0077271_1275077.jpg
b0077271_128261.jpg
TPOは全く違いますが、どこかの国の総理大臣・所信表明演説とは雲泥の差があります。オバマ大統領の支持率の高さも、この演説を聞けば(読めば)納得ですね。
演説の後のパレードは特別車(窓ガラスの厚さは15cmとか!)に乗り込み、牛歩のような走りでホワイトハウスまで。道路は観衆ですし詰め状態だったようです。
アレサ・フランクリンさんなどの多数の有名人や、国務長官就任が確定しているヒラリーさんも笑顔で式典に参列していました。また「レゴ」で遊んだ方も多いと思いますが、カリフォルニア州の「レゴ・ワールド」では今回の式典をレゴで再現した展示をしています。実際のものを見てみたくなるスケール感です。今後は大統領としての手腕に注目を集めますが、まずはアフガン、イラクの中東問題からかもしれません。

写真は http://www.afpbb.com/category/politics から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-01-21 12:08 | 日記