思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【ラリー】負の連鎖、三菱がダカールから撤退

三菱自動車は、世界一過酷なモータースポーツといわれるダカール・ラリーに自社のチームで参戦するワークス活動を終了すると発表しました。理由は、他の自動車メーカーと同様、世界的な経済情勢の悪化による販売不振で、低燃費技術や電気自動車の開発に経営資源を集中する必要があるとのことです。
三菱にとって見れば、リコール騒動で2005年にWRCからのワークス撤退を表明した際も、「ダカールラリー」はワークス参加を継続した、言ってみれば三菱のラリー活動の聖域だったと思います。モータースポーツは「走る実験室」と言われ、各メーカーが複数のカテゴリーにワークス参戦したいた時代の終焉なのかもしれません、今は「走る実験室」という言葉自体が死語になってしまっていますから。
三菱は、WRCに参戦する一方で、1983年から「パリ・ダカ」の愛称で親しまれているこのラリーに参戦し、7連覇を含む12回の総合優勝を飾っている名門です。なかでも1997年には篠塚建次郎選手が日本人選手として初優勝、2002、03年には増岡浩選手が連覇を達成するなど、車というハードだけでなく、ドライバーというソフトの面でも成功をおさめている数少ないラリーだったと思います。
b0077271_12383788.jpg
b0077271_12374399.jpg


個人参加のチームへの部品供給など支援は続けるそうですが、WRCに続き、パリダカから撤退することで、すべてのワークス活動は終了してしまいます。同社広報部は「“休止”ではなく“撤退”。今後も当分、復帰はないとしかいえない。」としコメントしています。
いつの日か、撤退発言撤回という宣言のもと、華々しく復帰を飾って欲しいですね。

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-02-05 12:38 | モータースポーツ