思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【ミサイル問題】北朝鮮の人工衛星試験発射、どう見てもテポドンですが

来週に迫った、北朝鮮の人工衛星発射についてですが、米国はすでに咸鏡(ハムギヨン)北道舞水端里(ブクトムスダンリ)の基地で、長距離弾道ミサイル「テポドン2号」が発射台に設置されたことを確認したそうです。
北朝鮮は平和利用の人工衛星だと主張していますが、どう考えても長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の試験だと考えて間違いなさそうです。
日本政府も万一の失敗に備えて迎撃体制をとるようですが、北朝鮮としてもかなりの金額を投資してのミサイル発射試験ですから、万が一にも失敗はありえないのではと考えます。中東の反米政府への営業活動の一環としての行動と考えれば(当然、六カ国協議を有利に進めようという思惑もあるとは思います)、失敗は即営業交渉の中止となり、外貨を稼がなければいけない北朝鮮にしてみれば何が何でも成功しなければいけないプロジェクトと考えます。
b0077271_17225097.jpg
ミサイル迎撃はうまくいかないなどと不謹慎な発言をする政府関係者がいますが、このような発言はせずに(悠然と構えて、万一に備えてます程度の発言で十分だと思いますが)今後のことを考えてミサイル追尾をしっかりと行い、次回以降のミサイル発射に備えてデータ収集・分析に役立てることがよいのではないかと思います。
東北地方の皆さんはその頭上をミサイルが通過するので、こんな流暢なことを言っていられないとは思いますが、一国家が威信をかけて行う事業と考えれば、まず失敗はないと思います。
米国では、クリントン長官が「北朝鮮がミサイルを発射すれば、国連安全保障理事会の決議違反として問題を提起する」との考えを示しています。多分、日本も同調するでしょうが、北朝鮮の挑発に乗らないことも戦略としては重要なのではと考えますが、どうでしょうか。無視することも大事だという考えもありますので。

写真は http://sankei.jp.msn.com/top.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-26 17:24 | 日記