思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

【F12009】オーストラリアGP予選、好調ブラウンGPがフロントロー独占

昨日のフリー走行から好調なブラウンGPがなんとフロントロー独占の快挙です。予選Q2でもトップタイムをマークしていましたから、ここ一番のタイムも最速なら、ある程度燃料をつんだ状態でも速いということで明日の決勝もかなり期待ができると言えます。
同じくフリー走行で好調だったウィリアムズですが、ロズベルグ選手は5番手、中嶋選手はQ2を通過できずに13番手に終わってしまいました。また今年にかける意気込みは過去最高と思えるトヨタですが、グロック選手が6番手、トゥルーリ選手は8番手とちょっと物足りないポジションです。
そしてセカンドローは今売り出し中のヤングドライバー、ヴェッテル選手とクビサ選手が入っています。決勝でブラウンGPにどこまで迫ることができるか注目ですね。
b0077271_17202100.jpg
b0077271_1720837.jpg
b0077271_17201465.jpg
b0077271_17202083.jpg
b0077271_1720269.jpg
その一方で昨年の2強は散々な予選となってしまいました。フェラーリはQ3に進出しましたが、ポール争いに顔をだすことはできず、マクラーレンにいたってはあえなくQ2で脱落です。ハミルトン選手は特に深刻でQ2進出タイムも15番手、Q2はギアポックストラブルで走れずと明日の決勝に向けての建て直しに全てがかかっています。
昨年までの「赤銀」対決はすっかり様変わりし、今年は誰が勝ってもおかしくないF1となりそうです。この中に佐藤琢磨選手がいないことが残念ですが、みていてハラハラドキドキのオーストラリアGPとなりそうです。


公式予選結果
1 J・バトン ブラウンGP 1:26.202
2 R・バリチェロ ブラウンGP 1:26.505
3 S・ヴェッテル レッドブル 1:26.830
4 R・クビサ BMW 1:26.914
5 N・ロズベルグ ウィリアムズ 1:26.973
6 T・グロック トヨタ 1:26.975
7 F・マッサ フェラーリ 1:27.033
8 J・トゥルーリ トヨタ 1:27.127
9 K・ライコネン フェラーリ 1:27.163
10 M・ウェーバー レッドブル 1:27.246
11 N・ハイドフェルド BMW 1:25.504
12 F・アロンソ ルノー 1:25.605
13 中嶋 一貴 ウィリアムズ 1:25.607
14 H・コヴァライネン マクラーレン 1:25.726
15 L・ハミルトン マクラーレン no time
16 S・ブエミ トロロッソ 1:26.503
17 N・ピケ・ジュニア ルノー 1:26.598
18 G・フィジケラ フォースインディア 1:26.677
19 A・スーティル フォースインディア 1:26.742
20 S・ブルデー トロロッソ 1:26.964
 

写真は http://f1.gpupdate.net/ja/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-28 17:20 | モータースポーツ