思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

【F12009】オーストラリアGPは最後に大波乱、ただしバトンは独走で優勝

ブラウンGPの速さは決勝レースでも変わりませんでした。スタートでバリチェロ選手は遅れてしまいますが、バトン選手はトップを譲らず、2位に浮上したヴェッテル選手との差を広げていき、何かトラブルがない限りそのポジションは奪われることはないという言葉が当てはまるほどの安定した走行でした。途中セーフティカーが入った後の再スタートも問題なくこなし完勝といってよいレースだったと思います。
b0077271_21264453.jpg
b0077271_21265333.jpg
b0077271_2127182.jpg

残念だったのは、ヴェッテル選手ではないでしょうか。スタートから2位をキープして安定した走りを魅せていましたが、残り3周となったとき、猛追してきたクビサ選手とサイドバイサイドの争いとなり接触し、2台ともマシンにダメージ! 結局両者素晴らしいレースをしていながらノーポイントに終わっています。
反対に、予選終了時にリアウィングの規定違反でピットスタートとなったトヨタチームですが、トゥルーリ選手が3位表彰台をゲットしました。来週のセパンはトヨタ得意のコースですから、何か大きなドラマを期待してしまいますね。マクラーレン、フェラーリはそれぞれ見せ場を作ることはできずに上位陣の脱落でハミルトン選手が何とか4位を確保するにとどまっています。
オーストラリアGP結果
1 J・バトン ブラウンGP 1:34:15.784
2 R・バリチェロ ブラウンGP + 0.807
3 J・トゥルーリ トヨタ + 1.604
4 L・ハミルトン マクラーレン + 2.914
5 T・グロック トヨタ + 4.435
6 F・アロンソ ルノー + 4.879
7 N・ロズベルグ ウィリアムズ + 5.722
8 S・ブエミ トロロッソ + 6.004
9 S・ボーデ トロロッソ + 6.298
10 A・スーティル フォースインディア + 6.335
11 N・ハイドフェルド BMW + 7.085
12 G・フィジケラ フォースインディア + 7.374
13 M・ウェーバー レッドブル + 1 laps
Did not finish
14 S・ヴェッテル レッドブル + 2 laps
15 R・クビサ BMW + 3 laps
16 K・ライコネン フェラーリ + 3 laps
17 F・マッサ フェラーリ + 12 laps
18 N・ピケ・ジュニア ルノー + 34 laps
19 中嶋 一貴 ウィリアムズ + 41 laps
20 H・コヴァライネン マクラーレン + 55 laps

PS:3輪になって走るヴェッテル選手の姿をみて、あのジル・ビルニューヴ選手を思い出してしまいました。ビルニューヴ選手も1979年の確かオランダGPでパンクで後輪がバースト状態でもあきらめずにピット目指して走ったと記憶しています。
b0077271_21273454.jpg
b0077271_21274212.jpg


写真は http://www.afpbb.com/category/sports/motor-sportshttp://f1-facts.com/gallery/r/325 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2009-03-29 18:32 | モータースポーツ