思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「ナガサキの郵便配達」(プロローグ編)

私が、この本があることを知ったのはつい最近のことです。以前もブログに書きましたが、ある団体でメルマガ(プライベートなリンク集にリンクがあります)を発行しています。その読者からの投稿レポートにこの書籍のことがかかれていました(こちらに本文があります)。投稿された方は、岡田恵子さんという図書館OGの方。以前より存じ上げており、雑誌等にもよく原稿を掲載していただいていました。
彼女が、読者の声の中でこの本を紹介しています。「いいものを読んだ。」のフレーズに何かを感じ、早速本を発注、先日手元にとどきました。

著者が「ピーター・タウンゼント」とあり、てっきりロックグループの「ザ・フー」のメンバーかと思いきや、まったくの別人、もっとメジャーな人でした。訳者のあとがきによれば、「胸間の勲章が数々の武勲を物語るイギリス空軍のエース、”英国の戦い”の英雄、それにもましてマーガレット王女との世紀の悲恋で有名な空軍大佐」(フィガロより)とあります。ということは、映画「ローマの休日」でG.ペックが演じた新聞記者J・ブラッドレーのモデル。何か親近感がましてきました。

また、ネットで調べると三省堂「新編国語総合」の教科書にもサマリーが取り上げられているとのこと、若い方は、教科書で「ナガサキの郵便配達」を読んでいるのですね。
「原爆文学研究」の第3号のエッセィでとりあげられたり、ブログでも多数とりあげられています。私は復刻版を手に入れましたが、復刻版が発行という記事が毎日新聞(ネットからは検索不能)、2005年6月19日長崎新聞など、各新聞に掲載されたようです。
と読書前に、結構情報を仕入れてしまったので、どのような感想文ができるかは心配ですが、連休中にまたこのブログで感想文を掲載しようと思います(乞うご期待!)。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-04-28 18:38 | メディア(本、映画、記事)紹介