思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

インディ500マイルは、最終ラップのメイン・ストレートでの大逆転

またしても、アンドレッティ家の野望は打ち砕かれたようです。最終アップの最終コーナーまでマルコがトップ、おじいさんのマイケルが1960年に優勝して以来のミルク飲みの儀式(インディ500は優勝者がシャンパンでなく、ミルクを飲む!)かと思いきや、ホーニッシュJr.に最後の直線で追い抜かれてしまいました。
1965年のインディ500で、マリオが3位に入賞したときは、マリオのインディ優勝も近いといわれてのですが、彼も1969年の1回しか優勝していませんし、息子のマイケルは結局1度も優勝することができずに引退(今年は、インディ500のみ参加し、見事3位入賞)、孫のマリオに2度目のインディ制覇の期待がかけられましたが、直前での敗退。
何か、インディでアンドレッティ家は優勝できないというジンクスがあるのかもしれません。逆に、アンサー家はボビー、アル、アル(ジュニア)が何回も優勝しているのとは好対照です。
ただマルコはまだ19歳、今後に期待しましょう。マリオ・アンドレッティは好きなレーシングドライバーでしたし、3代にわたってトップフォーミュラのエースドライバーとして君臨することって素晴らしいですよね。頑張れマルコ、期待してます。

インディ500結果
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-05-30 18:14 | モータースポーツ