思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今週は安田記念

府中の東京競馬場でのG1も5連戦最終の安田記念となりました。ここ数年と同様今年も本命馬不在の混戦が予想されます。香港からも3頭が参加しており、ますます混戦に拍車をかけています。
さて今年の東京競馬場の芝は、前残りが顕著にでているレースが多いように思います。G1に限って言えば、NHKマイルのロジックは中団追走でしたが、ヴィクトリアマイルのダンスインザムード、優駿牝馬(オークス)のカワカミプリンセスそして東京優駿(日本ダービー)のメイショウサムソンはいずれも先行してそのまま押しきる競馬で勝っています。
安田記念もこのパターンでいくと、オレハマッテルゼ、ダイワメジャー、ダンスインザムードの3頭が有力です。ただ今回は、ローエングリン、メイショウボーラーなどの快速馬も出走しますので、流れはかなり速くなることが考えられます。この2頭は逃げ切りも十分考えられますから、有力先行馬もこのあたりを考えて早めに仕掛けることも十分考えられます。そうなると差し馬が台頭してきます。
差し馬では、カンパニー、テレグノシス、ハットトリックの3頭が有力ではないでしょうか。特にテレグノシスには武豊が騎乗しますから結構人気になるのではないかと思います。ザデューク(昨年の香港マイル2着馬)は先行タイプですからその動向もきになります。
果たしてどの馬がトップでターフを駆け抜けるか、楽しみです。
一応の予想は
◎ ダンスインザムード
○ ダイワメジャー
▲ ハットトリック
△ ザデューク、カンパニー
としておきます。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-01 20:35 | ギャンブル