思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NBAは、ヒートが3連勝して王手をかけました/ウェイド大活躍

NBAファイナルは、第5戦がマイアミで開催され、ヒートが延長のすえ、101-100で劇的な逆転勝利を飾り、チャンピオンに王手をかけました。
この試合のヒーローは、何と言ってもドウェイン・ウェイドでしょう。レギュレーション残り10秒、2点ビハインドの状況からの同点ショット(ゴールから見て、左側からバンクショット)、ブザービーターではないですがそれに近い状況でしたから、地元ファンは大歓声だったのではないかと思います。NBAファイナルでこのような仕事ができることは素晴らしいですね。
ドラマは、これだけではなく、オーバータイムでもまた素晴らしい仕事をしました。残り1.9秒でファールをもらい、同点そして逆転のフリーフローを完璧に、第5戦だけで43得点という大活躍でした。
ウェイドはまだ24歳の伸び盛りです、シカゴ育ちということですから、小さいときの英雄であるマイケル・ジョーダンのプレイを思い出しながら、プレイしていたのではないでしょうか。マイケル・ジョーダンの再来といわれる日もちかいかもしれませんね。

b0077271_17413987.jpg

日本語公式サイト(写真もこちらから転載させていただきました)
http://www.nba.com/japan/

話は変わってワールドカップです。
日本サッカー界にも、土壇場に強い選手の出現を期待したいものです。2度の窮地を救える選手(ウェイド)は、能力だけでなく、精神力もずば抜けているでしょうし、また持って生まれた運も強いものがあるのではと思います。ジャパンの中でそのような選手はいるとすれば、巻選手かもしれませんね。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-20 23:02 | 球技