思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

新聞のコラム【代表に足りない「誇り」】に書かれていること

今日の朝日新聞スポーツ面の「ウェーブ」というコラムに、「日本代表監督論」著者の潮智史さんがコラムを書いています。
コラムの中で、勝ちあがったチームの選手には、「ゴールに向かって仕掛ける、相手のボールを取りにいく。世界は攻守とも実にアグレッシブ。」と書いて、日本選手はどうだったのかと疑問を投げかけています。また、選手に喜怒哀楽がみえなかったとも言っています。
コラム後半では、『Jリーグの元監督が、チームがいくつかのグループに分かれて一体感に欠けることを「まるで、今の学校と同じだ」と発言している』と、問題提起しています。

確かに、私も「ジャパン」の試合を見ながら、覇気があまり感じられませんでした。覇気というよりは、喜怒哀楽が表面にでていなかったような感じがしました。「うれしいときはうれしい、悲しいときは悲しい」という感情表現がうまくできないのかもしれません。これも今の教育に根があるのかもしれませんね。体罰よくなしと言う人は多いですが、殴られてみないとその痛さはわかりません。
今朝も、大学生同士のケンカで、相手を生き埋めにしてしまうという悲惨なニュースが流れていました。
サッカーだけでなく、何か日本がおかしくねっているのかもしれません。

日本代表の話を書こうと思ったら、教育問題になってしまいました(反省)。

ネットサーフィンしていたら、こんな記事を発見しました。
オシム就任へ前向き、改革提言…俊輔司令塔クビも → http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_06/s2006062801.html
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-06-28 20:24 | メディア(本、映画、記事)紹介