思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ワールドカップ、4強はすべてヨーロッパ

準々決勝が終了し、ベスト4が確定しました。ドイツ、イタリア、ポルトガル、フランスの4ヶ国です。ブラジル、アルゼンチンの南米勢はともに敗退しましたが、実力は紙一重だったと思います。ともにわずかな作戦ミス、選手の体調などで負けたのではないかと思います。

さて、イングランドvsポルトガルはスコアレスドローに終わりましたが、またまたイングランドは準々決勝で退場者をだしてしまいました。ルーニーが退場処分となったのですが、フランス大会のベッカムは確信犯でしたが、今回は流れの中で誤って、ポルトガルの選手を踏みつけてしまったように思います。ちょっとかわいそうでした。その結果かどうかは不明ですが、PK戦で、ジェラード、ランバード両選手(ベッカムも負傷退場したのですから、この二人にかかる重圧は相当だったと思います)が外してしまった(というより、ポルトガルのキーパのリカルドを褒めるべきですね)のかもしれません。
フランスは98年大会の輝きが戻ったような動きで、ブラジル戦を戦いました。特に今まであまり精彩のなかったアンリが本来の動きを取り戻したようです。決して勝ったのは番狂わせではないと考えますが、ブラジルファンには番狂わせと写ったと思います。
ベッカムのワールドカップは終わってしまいましたが、フィーゴ、ジタンのワールドカップは続きます。準決勝が楽しみです。
b0077271_8455566.jpg

b0077271_8475879.jpg

写真は http://www.yomiuri.co.jp/wcup2006/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-02 08:08 | 球技