思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

パラマウントの訴えは棄却、「ローマの休日」など53年作品は著作権切れとなりました

昨日から、著作権関連のメーリングリストはこの話題で持ちきりだったようです。新聞各社のホームページにもこのニュースは掲載されていますので、皆さんも目にしていますね。

この問題について、文化庁は従来から、「1953年公開作品の著作権保護期間が終了する2003年12月31日24時と、改正法施行の2004年1月1日午前0時は同時で、改正法が適用されて保護期間が20年延長される」という見解を示していました。パラマウント側も、この文化庁の見解に基づき、著作権は同社にあると主張していました。私も文化庁が公式見解を出しているのだから、この裁判は、パラマウント側の勝訴ではないかと思っていました。

結果は反対で、東京地方裁判所の高部真規子裁判長は「著作権法は保護期間を年単位で定めており、両映画の保護期間は12月31日で満了している。改正法は1月1日時点で著作権が残っている映画のみに適用される」と判断されました。また文化庁の見解についても「司法判断を受けたものではなく文理解釈上採用できない」と指摘し、「著作権侵害は刑事罰の対象にもなり、解釈は明確でなければならない」と言っています。新しい法解釈をされた高橋裁判長に拍手ですね。

さて、判決の結果はともかく、私が驚いたのは、判決文が既に裁判所のホームページに掲載されていたことです。
裁判所のページ
判決文のPDF
さすがに情報化社会、誰でも判決文が見れる世の中になったのだと、感心してしまいました。

著作権については、図書館に若干関連している者としては、常にウォッチしていますが、そもそも論でいくと、70年も著作物が保護される必要があるかどうかという疑問にぶつかります。もっと短期間でパブリックドメインに移して、広く万民が自由に利用できるように法改正してほしいと考えます。何年が妥当かはそれぞれの著作物によると思いますが、50年程度が妥当だと感じるのは私だけではないと思います。

Googleも、Bookサーチのベータ版を公開していますし、今後は著作権についての議論がもっと活発になっていくような気がします。
ちょっと、真面目なお話しでした。


関連新聞記事です。
日本経済新聞
産経新聞
朝日新聞
読売新聞
東京新聞
フジサンケイ ビジネスアイ
AV Watch
知財情報局
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-07-12 17:47 | メディア(本、映画、記事)紹介