思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

8月15日ですね

今日は、終戦記念日です。何で敗戦記念日と言わないのでしょうか、戦争が終結した日ですから終戦記念日でもおかしくはないのですが、日本は連合軍に無条件降伏をしたのですから、戦争に負けた、すなわち敗戦ですよね。戦没者の慰霊をすることは大切ですし、今後2度と戦争を起こさないと心に決めることも大切です。それで終戦記念日といっているのでしょうか(敗戦ではあまりに戦没者にかわいそうだから?)。
また、国際連合という機関があります、英語ではUN(United Nations)です。これは第2次世界大戦のとき、連合軍と言われていた組織だということは皆さんご存知ですね。では何で同じ歴史の教科書で、連合軍から国連に日本語名称だけ変化してしまうのか不思議です。第2次世界大戦のときも国連と日本は戦ったでもよいではないでしょうか。何か不自然さを感じます。1年に1日は戦争について考えてもいいのではないでしょうか。

小泉首相が靖国神社参拝に今朝行きました。総裁選挙の公約をやっと果たしたわけですから、このこと(公約違反をしなかったという点)は評価すべきではないかと思います。よく「総裁選挙時の公約」をまだ実行していないという評論家はいますが、その人たちは今朝の出来事をどのように考えているのかコメントを出して欲しいものです。

死んでしまっても戦争犯罪人として、その霊に対して敬うことをしてはいけないのでしょうか。子供のころ、「罪は憎むが人は憎まず」と教えられましたが、今靖国神社参拝で言われていることは、A級戦犯という人が祭られている神社参拝はまかりならないと言っているわけで、これはその人たちが犯した罪とその人そのものを一緒にしてしまっていますね。日本の道徳観とは違うような気がします。皆さんはどう考えられますか。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-15 16:03 | 日記