思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ポッカ1000kmをカルソニックインパルZが制覇、一樹涙の初優勝

スーパーGT第6戦・鈴鹿1000kmは、カルソニック インパルZがスタートからトップを譲らず、3位以下をラップ遅れにする快走で優勝しました。
b0077271_18501255.jpg

星野一樹はGT500初制覇、レース後のインタビューでは
「どーも、ありがとう! 本当にうれしい。でも、順番でいえば、本当は僕が最後に乗らなければいけないかった。まだ監督に信頼されていないわけです。もっとがんばらなきゃいけませんね」
と、語っています。半分は本音でしょうが、内心は飛び上がるほどうれしかったと思います。
ただ、父であり、監督である星野一義が一番喜んだのではないかと思います。完全勝利を讃える歓声に涙をこらえて応えていたそうです。何はともあれ、自分で選んだチームのドライバーたちが優勝したわけですし、その中に息子がいたわけですから、その喜びは他人には計り知れない大きさだと感じました。
b0077271_18503814.jpg


結果
1 B.トレルイエ/星野一樹/J.デュフォア   カルソニック インパル Z
2 M.クルム/R.ライアン/F.カルボーン    MOTUL AUTECH Z
3 服部尚貴/P.ダンブレック/田嶋栄一    BANDAI DIREZZA SC430

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=41 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-23 18:56 | モータースポーツ