思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

トルコGPフリー走行、1回目:キミ・ライコネン、2回目:セバスチャン・ヴェッテルがトップタイム!

トルコGP金曜日フリー走行は午前中の1回目は、キミ・ライコネンが1分28秒315をマークしてトップとなり、以下2位にはフェラーリのミハエル・シューマッハ、3位にホンダの ジェンソン・バトン、4位がウィリアムズのアレックス・ブルツでここまでが1分28秒台を記録、以下はホンダのデビッドソン、マクラーレンのデ・ラロサ、BMWのハイドフェルド、BMWのヴェッテルと、ここまでが29秒台のドライバーでした。
b0077271_11233769.jpg

さて、午後のセッションはまずヴェッテルがトップタイムをマーク、その後マッサ、シューマッハ、デラロサとトップが入れ替わり、最終的になんと
セバスチャン・ヴェッテル(この人誰? BMWファンの人ごめんなさい)がトップタイムをマークし終了しました。彼のタイムは1分28秒091でした。
b0077271_11235382.jpg

シューマッハ、アロンソも頑張りましたが、主役が目立つのは日曜日と言わんばかりでそれぞれ、6位と12位でした。
また、ハンガリーGPで初優勝を遂げたジェイソン・バトンは好調を持続して、1、2回目ともトップ3を確保し、ベストタイムは1分28秒506でした。
b0077271_11241355.jpg


今日の進行には満足している。だから今夜はミシュランとともに、どちらのタイヤが週末に対して良いタイヤ選択なのか話し合うつもりだ。午後のセッションの最初に小さなメカニカルトラブルがあって、フロアを外さなければならなかったため少し時間を失ったけど、すべてオーケーだよ。今日を通して行なった変更についてはポジティブだったから、現時点でいる位置には満足しているよ。
こんなコメントを残しています。

なお、スーパーアグリ関係のコメントは、こちらのブログ(Racing nostalgie)に掲載することにしました。あわせて見てください。


写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-26 11:24 | モータースポーツ