思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トルコGPはマッサが初優勝、熾烈を極めた2位争いでした

トルコGPは、フェラーリを駆るマッサがうれしい初優勝で幕を閉じました。レースはスタートでフィジケラが行き場をなくしてスピンをする波乱(おかげで、SA06ニュースペックの琢磨は大変なGPとなりました)、しかしマッサ、シューマッハのフェラーリコンビは楽々とアロンソを引き離し、いつもの高速パレードがはじまりました。
b0077271_12563027.jpg

また、マッサとシューマッハのラップタイムは明らかにシューマッハの方が速く、いずれはシューマッハ、マッサの順番となると予想していましたが、リウッツィのスピンでフェラーリの思惑は無残に砕かれ、セーフティーカーが導入され、各車ピットイン(マッサとシューマッハも同時にピットインし、アロンソに2位を奪われる)し、レースは波乱模様となります。
b0077271_12564077.jpg

シューマッハはピットイン後のタイヤセットがイマイチなのか、アロンソ追撃が今一歩でコースアウトもするありさま。これでレースは決まりかと思いきや、最後のピットストップ後からは、アロンソ・シューマッハの10周以上ものデッドヒートに目が奪われました。ハンガリーGPとは違うF1の面白さを見せてくれました。結果は、0.081秒差でマッサが2位を死守、ポイント差を12に拡げていざ、イタリアGPへと向かうこととなりました。
b0077271_12565178.jpg

さて、残念なのはライコネンです。このレースもリアタイアがバーストしてトップ争いから脱落し、スピンしてコースアウト→リタイアという結末です。ストーブリーグでは主役ですが、実際のF1のフィールドでも主役をはってくれないと、キミファンが減ってしまいますよ、頑張れライコネン、イタリアGPは期待してますよ。

http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-08-28 12:55 | モータースポーツ