思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ライコネンの去就はいつ決まる、滑り止めでルノーを確保の噂?

スペインのモータースポーツ誌では、ミハエル・シューマッハーが現役続行を決めた場合には、キミ・ライコネンはルノーに入るかもしれないと報じているそうです。
b0077271_11221974.jpg

ライコネンは来シーズンに向けて上位の複数チームとナンバーワンドライバー待遇の仮契約を交わしているとも言われています。
来週のイタリアGP後に発表されるであろう来期のフェラーリの陣容でライコネンがフェラーリのドライバーとなることが発表された場合、他チームとの摩擦が生じる可能性があります。シューマッハとのジョイントNo.1という発表があれば、問題はありませんがそうでない場合は、いろいろあるらしいです。
記事によればライコネンは、シューマッハーが引退を発表した場合には、ルノーとの“契約”を破棄できることになっているそうです。
フェラーリ、ルノーともに、シューマッハーの決断が定まらないうちは、何もできず、逆にシューマッハーの去就が決まれば、連鎖してライコネンのチームも決まるでしょう。またその時が来るまでコバライネンはヤキモキする日々を送ることになります。コバライネンは、有力なルノーチームの来期のドライバー候補なのですから。しかし、ライコネンがルノー移籍となると、来年の選択肢はミッドランドかスーパーアグリのみとなる可能性が大と指摘されています。
イタリアGPは、ストーブリーグでも天王山です。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-03 11:24 | モータースポーツ