思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

F1はルノー、WRCはシトローエン、フランスの有力チームが来期の体制を発表

2007年シーズうを戦う体制がフランスの有力2チームから発表されました。
まずはF1のルノー。ドライバーとしてライコネンの名前があがり有力視されていましたが、テストドライバーのコバライネンが昇格する形でフィジケラをコンビを組むことになりました。
「ルノーのようなチャンピオンチームからレースに参戦できるなんてわくわくするね。」とコバライネンは語っています。才能は誰しもが認める人材だけに、アロンソに匹敵する活躍が期待できます。スポンサーが、来期かわりますが、チーム監督もブリアトーレの続投が発表され、来年もトップコンテンダーとしてフェラーリとの死闘を繰り広げそうです。
b0077271_1236544.jpg

テストドライバーとしては、ゾンタの他に、ピケJrが採用されました。こちらもお父さん同様の活躍を期待されての採用と公式には言われていますが、新スポンサーに配慮したとの噂もあります。
b0077271_12371041.jpg

この結果、ライコネンのフェラーリ入りがかなりの確率で高まったと思います、またシューマッハ引退の新聞記事もでており、ストーグリーグではルノーの戦略勝ち(話題性を先取りするという意味で)かもしれません。
週末のイタリアGP、レースも楽しみですが、フェラーリのドライバー発表も待ち遠しいですね。


さてWRCでは、来期からワークス体制での復帰が決まっているシトローエンチームのラインアップも発表されました。ローブとゾルドの2名体制で、マシンも新車のC4を投入するそうです。セバッシャン・ローブ/ダニエル・エレナ組とゾルド&マルティ組、今年の
さて、C4ですが、今秋のパリサロンでお披露目されるそうです。今までのマシンに比べてトレッドが拡大されてコーナリング性能アップが見込まれるというプラスポイントはありますが、反対にドライビングポジションが低くなり、視界が今までほどはよくないというデメリットもあるそうです。ローブがこのマシンをどのようにドライビングするか今から楽しみです。
b0077271_1237234.jpg


写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-07 12:38 | モータースポーツ