思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ライコネンが11回目のポール獲得、2/1000秒差でシューマッハが2位/なんとアロンソは10番手!

イタリアGPの公式予選が終了し、ライコネンがポールを獲得しました。最終セッションは残り0秒から、まずシューマッハがベストラップをマークしこれで有終の美を飾るポール獲得かと思われましたが、ライコネンがそのタイムを上回る1'21"484を記録、逆転ポールポジションを獲得しました。
b0077271_108853.jpg

b0077271_1083218.jpg

アロンソは途中、パンクに見舞われる不運がありこちらも残り数秒からのタイムアタックで総合5位にあたる1'21"829をマーク、本人も予選後の談話で「ほったした」とのコメントをだしていましたが、なんと
イタリアGPのスチュワードは公式予選終了後、3時間以上経った6時28分、予選5位のフェルナンドアロンソがフェリッペ・マッサのアタックを妨害したとして、アロンソが予選最終セッションで記録したタイムのうちベスト3つを抹消するというペナルティを発表しました。これによりアロンソの予選タイムは1'25"688となり、予選最終セッションの最下位、つまり全体では予選10番手から明日の決勝レースにのぞむことになってしまいました。発表時間があまりに遅すぎるな、ここはイタリア、いろんな条件を考えると、わりきれないものがあります。
期待のスーパーアグリは最近の定位置となってしまった、最後尾からのスタートですが、琢磨の表情は意外に明るく決勝での奮起が期待できそうです。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1&b6Ec=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-10 10:08 | モータースポーツ