思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シューマッハ、イタリアGP5度目の優勝、そして引退報告

シューマッハがイタリアGPを制覇しアロンソがリタイアした結果、チャンピオンシップポイントはわずか2ポイント差となり、今後のレースから目が離せない展開となりました。レースはライコネンがポールから序盤をリードし、一回目のピットストップでトップがシューマッハに替わるというある程度予想された展開ですすみました。
b0077271_1281299.jpg

アロンソは不可解な裁定で予選10番手からの追い上げ、残り1/3で3位までポジションをあげ、シューマッハとのポイント差を確保する最高のパフォーマンスを示していました。特に2度目のピットストップはクビサと同一ラップで同時にピットイン、ピットアウトもタイミングも一緒で、ピットレーンを2台のF1マシンが併走した、コースへ。このようなシーンは初めてみました。両者とも幅寄せなどせず、クリーンな戦いは好感がもてました。しかしアロンソは競り合いに勝って3位は確保しましたが、無念のエンジンブローでリタイアしてしまいました。
b0077271_1284311.jpg

表彰式後、優勝インタビューで淡々と引退の話をするシューマッハが印象的なイタリアGPでした。次は中国、日本のアジアラウンド、熱いF1アジアアラウンドのスタートです

写真は http://www.f1racing.net/ja/index.php から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-11 12:15 | モータースポーツ