思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ロッシ、セパンを豪快に走りきり、マレーシアGPの死闘を制する

ロッシとカピロッシのサイドバイサイドの争いが21周にわたって繰り広げられた素晴らしいレースでした。前戦の勝者カピロッシと2位のロッシ、今回順位は逆転しましたがどちらが勝ってもおかしくないレースだったのではないでしょうか。
ポイント争いは、リーダーのヘイデンが単独走行ながら4位、ペドロサは3位と着実にポイントをあげましたが、3、4位のロッシ、カピロッシがそれぞれ上位にはいりましたので、その差はつまりました。ペドロサが22ポイント、ロッシが26ポイント、そしてカピロッシが43ポイント差でヘイデンを追いかける展開、ヘイデンがノーポイントに終るレースがあるとあっと言う間にリーダー交替となってしまう点差ですね。
b0077271_15271425.jpg

b0077271_15272615.jpg

F1ともどもこちらのチャンピオン争いからも目が離せません。
250ccクラスでは、怪我から復帰した、高橋選手が4位に入り、モテギでの日本GPに期待を持たせました。

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-11 17:23 | モータースポーツ