思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

MotoGP・日本GPはカピロッシが連覇、ロッシは手堅く2位入賞

MotoGPは、予選から絶好調のカピロッシがスタートを決めてそのまま2位以下を引き離す展開となり、独走ではなかったがデッドヒートはない超高速のパレードのようなレースでした。ロッシは、序盤メランドリに先行を許して3位でしたが、中盤にメランドリをパスし2位入賞を果たしました。ヘイデンが5位となったので、ポイント差は12まで短縮され、残り2戦での逆転が十分可能となりました。あと2戦がこの視点からも楽しみになりました。
残念だったのは中野選手ではないでしょうか、最終ラップに4位のジベルナウ選手のインに飛び込んで逆転かと思われたときに扉を閉められてしまい、転倒リタイアとなりました。今週末は調子がよかっただけに結果に結びつかず、残念ですね。
b0077271_16405282.jpg

さて250ccクラスは、デ・アンジェリスとのデットヒートを繰り広げた青山博一選手が優勝しました。最後になってファステストラップをだす集中力と体力には敬服しました。表彰台で涙を浮かべていたのが印象に残りました。弟の周平は6位、高橋選手はトップ争いの中、転倒リタイアという結果に終わりました。
b0077271_1641073.jpg

MotoGPでは、イタリア勢力が表彰台独占でしたが、250ccでは青山選手が優勝と、日本人ライダーも活躍した日本GPでしたね。玉田選手はテレビには映りませんでしたが追い上げて10位となったそうです、お疲れ様でした。

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-24 16:41 | モータースポーツ