思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ディープインパクト完ぺき調整・武豊騎乗で凱旋門賞最終追い切り

凱旋門賞(10月1日・ロンシャン、GI)に出走するディープインパクトの最終追い切りが27日、シャンティイ調教場で行われました。記者会見で池江泰郎調教師、武豊騎手はともに晴れ晴れとした表情で、ディープの調整が順調なことをアピールしたそうです。
気温9度。薄いもやが差し込む中、ディープは日本から同行させたピカレスクコートを先行させ、滞在先厩舎の2頭の後ろを走り、ラスト400メートルで武騎手がゴーサイン。ゴール前をチェックした池江調教師によると、ほとんど馬なりで2馬身ぐらいで先着したそうです。
b0077271_21234429.jpg

武豊騎手のコメント「ことし一番の動きでした。不安は僕だけ」と詰め掛けた約70人の報道陣を笑わせた後、「フランスはシーズンを通してきたことがある。凱旋門賞は、その中でも別格。そのレースにディープで乗れる。欧州以外の馬は勝ったことがないが、最初のそれ以外の馬になれる資格がディープにはあるでしょう。頑張りたい」と意気込みを語りました。

今日の新聞紙上では、O.ペリエが、ディープインパクトについて「強い馬で、もし馬券が帰るならディープインパクトの馬券を買う」と言っています。社交辞令半分かもしれませんが、凱旋門賞を3度制覇したジョッキーの言葉には重みがありますね。

凱旋門賞の第2回登録が26日に締め切られ、12頭がエントリー。回避が濃厚な馬もいて少頭数は確実で、ディープインパクト、ハリケーンラン、シロッコの“3強”に優勝争いが絞られた印象です。また気になる天候は晴れの模様、ディープインパクトの差しが決まりそうな気配濃厚です。

ハーツクライは、ハリケーンランに負けてしまったけれど、再戦すれば結果は逆であったかもしれない、それほど差のない「キングジョージ」でしたから、実力はハーツクライより上(ハーツクライファンの人、ごめんなさい!)だと私は思うディープインパクトであれば、結果はついてくるのではないかと思います。課題は初コースだということ、過去2頭(ダンシングブレーブ、ラムタラ)しか勝っていないというデータがあることかもしれません。

「頑張れ、ディープインパクト! とにかく全力を出し切ってください、そうすれば勝利は見えてきます!」

写真は、JRA提供のものを流用 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-09-27 21:25 | ギャンブル