思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

飛ばなかった、ディープインパクト/凱旋門賞は3着敗退

国民の期待を一身に受け、ディープインパクトが凱旋門賞に挑戦しました。結果は、皆さんご存知のように3着敗退です。主戦の武騎手もレース後の談話で、「飛ばなかった、ギアチェンジしてくれなかった」とディープインパクトの力が100%発揮できなかったことを悔やんでいました。また顔面蒼白の武豊騎手を見たのは初めてでしたから、転載と言われる彼もかなりプレッシャーを感じていたのだと思います。

やはり、欧州競馬界としてはいくらディープインパクトが優れた馬であっても簡単に勝たせはしないという意気込みがすごかったと感じました。日本で言うパドックで、以前ほどではないにしろ、ディープインパクトはあまり落ち着きがなかったように見えましたし(先導馬の直後を周回していましたが、もう少し速く歩きたいのに、前が詰まって自分のペースで周回できていないと感じました)、またゲート入りも最後(これは作戦でよかったと思います)でここまではよかったのですが、ディープインパクトがゲートに入りほんの数秒でゲートオープン、武騎手にしてみれば、馬を落ち着かせる間(騎手も落ち着く時間)もなくレースがスタートして、ディープインパクトを落ち着かせる時間なく、いつもと違う先行集団での位置取りをとらざると得なかったのではと思いました。最後の直線では、解説の岡部幸雄さんの声でもわかるように、追い出しのタイミングがちょっと速かったのではと思います。
b0077271_12272839.jpg

つらつらと感想文的に書いていますが、当事者(武豊騎手)しか本当のところはわかりません。私たちもくやしい結果に終りましたが、一番くやしい思いをしているのは武騎手だと思います。彼ほどの名手であっても、凱旋門賞は別なのかもしれません人馬が100%の能力を出したレースをファンとしては見たかったですが、これもまた競馬ですから、お疲れさまといって、日本に無事帰ってきて、またディープインパクトの勇姿を見ることを期待しています。
できれば、今年で引退せずに来年も再度海外挑戦をして欲しいと思うのは私だけではないと思うのですが。
b0077271_12274163.jpg


写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-02 12:28 | ギャンブル