思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ソルベルグ2位発進、期待が持てるWRCラリー・オブ・トルコ

ラリー・オブ・トルコは悪天候の中で開催されたようで、SS1、SS2はキャンセルされ、SS3からのスタートとなったそうです。まずトップに立ったのは、フォードのマーカス・グロンホルム、ペター・ソルベルグに24.9秒の大差をつけ、その後のSSでもリードを広げます。
b0077271_9364238.jpg

b0077271_9365736.jpg

しかしSS7から流れが変わり、タイヤに多めのカットを入れてのぞんだソルベルグがベストタイムをマークしました。ここ数戦悩まされていたデフのトラブルは気温が低いためか発生せず、またマシンの挙動も比較的イメージに近くソルベルグの調子は右肩上がりになり、SS8、SS9もベストタイム、グロンホルムとの差を最終的には26.1秒にまで縮小。レグ1を2位で終えたソルベルグは久々の笑顔を浮かべていたそうです。レグ2以降の走りが期待できます。今年の初勝利の可能性大ですね。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=1 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-14 09:37 | モータースポーツ