思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最終ラップの激闘を制してエリアスが初優勝/MotoGP・ポルトガルGP

ポルトガルGPはオープニングラップで、中野真矢が転倒する波乱の幕開け、そして序盤のハプニングは6ラップ目に起こりました。何とペドロサがこともあろうかチームメイトのヘイデンを巻き込み転倒してしまいました。ヘイデンはこれでノーポイントが確定し、このときトップを走っていたロッシにポイントで逆転されることはほぼ確実となり、悔しさ一杯の表情が大きく映し出されました。何を考えているのかペドロサ君ですね。
さて、レースはロッシ、エドワーズ、エリアス、ロバーツJrがトップ集団を形成し最終ラップへ。最終ラップに入るストレートでエリアスは、ロッシ、ロバーツJrを抜いてトップへ進出、途中でロッシに抜き返されましたが、最終コーナーでロッシにぴったりつき、最後の直線でスリップストリームを利用して、車輪半分ほど速くゴールラインを駆け抜けました。エリアス、うれしいMotoGP初優勝です。また最終ラップの激闘はこれぞMotoGPといえる、デッドヒート、久しぶりに手に汗握るバトルをみせてもらいました。
さて、ロッシがついにランキングトップとなり8点差であと1戦、ヘイデンも今日の悪夢は早く忘れて、最終戦はロッシとの熱いボトルを演じてくれることを期待します。

b0077271_2293563.jpg

b0077271_22114413.jpg

一方、250ccクラスでは、青山博一が見事に2位入賞、これで3連連続表彰台確保です。来シーズンからMotoGPへのステップアップも計画されているとか、期待できますね。
b0077271_22122664.jpg

写真は http://www.motogp.com/ja/motogp/index.htm  から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-16 22:04 | モータースポーツ