思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

グランパス完敗、シュートを打たなきゃ点は入らない!

前戦の清水戦はまあまあの試合内容でドローだったので、期待していた甲府戦でしたが、何と前半のシュートがたったの1本! いくらアウェイといってもシュートして点を取らなくては試合には勝てません。
後半は、攻撃に転じましたが、先制されてしまい、同点に追いつきながらすぐに決勝点を取られる最悪の展開で、また負けてしまいました。

フェルフォーセン監督の談話もむなしく聞こえます。  
サッカーは守備面と攻撃面、2つのパートに分かれています。今日の試合、前半、守備面ではしっかりと組織的に戦えていました。甲府はすごく攻撃的なため簡単な試合にはならないと思っていましたが、しっかりと組織的に守れた事で、セットプレー以外は相手に決定的なチャンスは作らせていなかったと思います。攻撃面では十分ではありませんでした。もっと攻撃のバリエーションを持つべきでした。ビルドアップからの攻撃も必要だったのですが、ロングボールを多様しての攻撃となってしまい、良い攻撃はできず相手に脅威を与える事もできませんでした。甲府の方もチャンスは作れていませんでしたが、グランパスは全くチャンスを作れていませんでした。全体的にみて前半は両チームのバランスが取れた試合でしたが、良い試合ではなかったと思います。後半はチームも変わりました。両チームともリスクを負って攻撃を仕掛けたため、両チームにスペースも生まれました。甲府がすばらしいゴールで先に点を取り、グランパスがすぐに追いついた。そこまでは良いゲームでした。1-2とされた場面は、不運もあったと思います。古賀の怪我による交代のため、あの場面、しっかりと守備を組織できていませんでした。その時間帯以降、グランパスの方が良いサッカーをしていました。チャンスも多く作り、得点のチャンスも何度かありました。全体的に見れば勝ち点1(引き分け)が妥当な試合だったのかもしれませんが、負けてしまった事を残念に思います。私自身非常に残念ですし、もちろん選手も残念に思っていると思います。しかしながら、選手達は勝とうと戦ってくれましたし、選手達を責めるつもりはありません。

次こそ、いい試合を期待してます!
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-22 08:51 | 球技