思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メイショウサムソンの3冠はならず/菊花賞

メイショウサムソンの3冠は夢と消えてしまいました。8番人気の武幸四郎騎乗のソングオブウインドが直線で、横典騎手のドリームパスポートとのたたきあいを制してクビ差勝ち、そしてお兄さんの武豊騎手騎乗のアドマイヤメインが作り出したハイペースがもたらした流れを差し切り、レコードまで樹立してしまいました。
b0077271_10512740.jpg

メイショウサムソン、マルカシェンクと2頭の有力馬を出走させた、最後のクラシックとなる瀬戸口厩舎には残念な結果となりました。3年前のネオユニバースに続いての3冠取り失敗です。
おもしろいのはいずれも瀬戸口厩舎といえば、福永祐一が主戦騎手ですが、彼が騎乗していないことです。ネオユニバースのときは、エイシンチャンプとお手馬が重なったこと(明らかに、チャンプよりネオの方が、能力は高かったのですが、エイシンプレストンでG1を奪取していたこと、チャンプで朝日杯を勝っていたこともあり、平光オーナーへの義理立てもあっての選択/こういう考え方の彼が好きですし、応援したくなってしまします)、今回は、サムソンのデビュー時に騎乗停止だったとか、めぐり合わせとはおもしろいものです。
武幸四郎は、G1は3勝目、京都のG1はティコティコタックで勝った秋華賞以来です、そういえばあのときもトライアル3着馬での勝利ですね。幸四郎がトライアル3着馬の本番は気をつけなければ。
さて、福永騎手騎乗のマルカシェンクは7着でした。距離が長かったのか、中1周のローテーションが災いしたかわかりませんが、骨折明けを考えるとよく頑張っていると思います。2歳のあの強さはきっと4歳で花開くと思います。

来週は、天皇賞・秋、ディープインパクトは出走しないことが決定したそうです。戦国天皇賞の開幕です!

写真は http://www.sponichi.co.jp/gamble/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-10-22 16:34 | ギャンブル