思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

WRCラリー・ニュージーランド、レグ2もフォードのグロンホルム、ヒルボネンがワンツー

WRC第15戦のラリー・ニュージーランドは、レグ2を終了し、フォード勢のグロンホルム、ヒルボネンがワンツーを形成してラリーを支配しています。スバルのアトキンソンはSS7,SS8でベストタイムをマークし追い上げ開始と思われた矢先、SS9で岩に激突してリタイアしてしまいまいた。今年のスバルはWRCでは散々ですね。
2日目を終わり、3位にM.ストールのプジョーがD.ソルドを逆転して進出した結果、フォードのマニファクチャラーズタイトル獲得がまた一歩近づいています。
頑張れ、D.ソルド&シトローエン、S.ローブの復帰までタイトル争いを演じてくれないと。スバルはP.ソルベルグが6位まで順位をあげています。またV.ロッシもトップと16分差の13位に位置しています。最終日はどうなるか、このままフォードの逃げ切り濃厚ですが、何が起こるかわかりませんので、(フォードファンには申し訳ありませんが)ハプニングを期待しましょう
b0077271_10211348.jpg

また併設のPWRCの奴田原文雄選手もSS8でコースアウトしてリタイアしてしまい、選手権獲得は困難となりました。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-11-19 10:00 | モータースポーツ