思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ハーツクライ引退、のど鳴りには勝てずに種牡馬へ

b0077271_19592461.jpgジャパンカップで10着に敗れたハーツクライは、30日付で競走馬登録を抹消、引退することになったとJRAから発表がありました。
ハーツクライは、父サンデーサイレンス、母は95年新潟大賞典(GIII)、新潟記念(GIII)を勝ったアイリッシュダンス(その父トニービン)という血統。04年の京都新聞杯(GII)で重賞初制覇し、続く日本ダービー(GI)でキングカメハメハの2着。その後も05年宝塚記念(GI)でスイープトウショウの2着、ジャパンCではレコード勝ちのアルカセットにタイム差無しのハナ差2着とGIレースで好走を続け、05年有馬記念(GI)で無敗の三冠馬ディープインパクトに初黒星をつけるとともに、自身の初GI勝利を達成しました。今年は、ドバイシーマクラシック(首G1)を2着に4.1/4馬身差をつける圧勝で、日本馬として初めてドバイのG1を勝つ快挙。続くキングジョージ6世&クイーンエリザベスDS(英G1)ではハリケーンラン Hurricane Runの3着と、世界を舞台に活躍し、約4か月ぶりとなった26日のジャパンCは2番人気に推されましたが、ディープインパクトから2.6秒差の10着に大敗してしまいました。
橋口調教師のコメント「いっぱいいい思いをさせてもらった。種牡馬として、ぜひ頑張ってほしい」
通算成績19戦5勝(海外2戦1勝、重賞3勝)

写真は http://hochi.yomiuri.co.jp/index.htm から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-11-29 19:59 | ギャンブル