思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

レグ2もフォードのグロンホルムがトップ、ペターは3位に後退/WRC・ラリーGB

第16戦ラリー・グレートブリテンはレグ2が終了、フォードのマーカス・グロンホルムがレグ1に続いて1位です。また、併催イベントとなるJWRC第9戦はモロダー(スズキ)が1位となっています。12月のウェールズは空模様が目まぐるしく変わり、レグ2の舞台となったサービスパーク北部の軍事演習エリアは夜中に降った雨で全般的にウェットで滑りやすいコンディションに。朝方に雨はいったん止んだが、その後も不定期に降雨がありコースは1日を通して全般的に濡れた状態。
レグ1でトップに立ったグロンホルムは、レグ2を心穏やかに戦いました。というのも、25.8秒差でトップをうかがうソルベルグがこの日のオープニングステージ、SS7でコースアウトして大幅にタイムロスしてしまいました(ああ、またか、スバルのハンドリングの悪さか、ペターのあせりか!)。「スタート直後から全開で攻めた。クレストを越えるところでミスをしてしまった」と、3位に順位を落としたソルベルグ。代わって2位に浮上したストールはSS7終了時点でグロンホルムに50秒差。3位ソルベルグとの差は5秒差。
b0077271_9414815.jpg

その後も、ペターはSS11で、コース脇のゲートにヒットするなどし、最終的には、2位ストールに49.9秒差、トップのグロンホルムに2分8秒7差の3位でレグ2を終了しました。初優勝は赤信号ですね。

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=51 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-12-03 09:42 | モータースポーツ