思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

クラブ・アメリカ準決勝進出/“宿敵?”バルサと激突する準決勝が楽しみ

b0077271_12271344.jpgクラブW杯1回戦北中米カリブ海代表のクラブ・アメリカが、1-0でアジア代表の全北現代に競り勝ちました。優勢に試合を進めたアメリカは、後半34分にDFリカルド・ロハスが体で押し込み先制点。「米大陸のレアル」と呼ばれているスター軍団は、14日の準決勝でバルセロナに挑みます。
豊富な資金力で各国代表クラスを集めた米大陸のスター軍団。欧州と南米代表を脅かす“第3のV候補”として注目されていますが、この日はシュートをことごとく失敗し、嫌なムードが漂う中、後半34分に右からのセンタリングを体で押し込んだR・ロハスは「次に進めて幸せだ」と話しています。
次の相手はバルセロナ。ことし8月9日に米・ヒューストンで行った親善試合では4-4のドロー。それでもテナ監督は「あれは親善試合。守ってばかりではだめ。われわれも攻めなければいけない」と決死の形相。
98年フランスW杯で、両足にボールを挟み込む“カニ挟み”の得意技で世界を驚かせた主将のFWブランコは「きょう以上に集中しないと厳しい」。本来の攻撃サッカーを思いだして、欧州王者に挑む準決勝が注目です。

写真は http://www.sponichi.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2006-12-12 12:27 | 球技