思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

コルツ、セインツがカンファレンス決勝へ

b0077271_16403170.jpgディビジョナル・プレイオフの2試合が行われ、インディアナポリス・コルツが15対6でボルティモア・レイブンズを、ニューオリンズ・セインツが27対24でフィラデルフィア・イーグルスをそれぞれ下しカンファレンス決勝へ駒を進めました。コルツは2003年以来、セインツは1967年のチーム創設以来初のカンファレンス決勝進出となります。
コルツはどうしちゃったのでしょうか、TDをあげられず、アダム・ビナティエリが最長51ヤードを含むFG5本中5本成功と正確無比なキックで全得点をあげ、常に先行する展開で勝利しました。ビナティエリは4本目のFG成功でゲイリー・アンダーソンの記録を更新しプレイオフの連続FG成功33回のリーグ新記録を樹立しました。QBマニングは前戦と同様にリーグ1位の鉄壁を誇るレイブンズ守備陣の前に精彩を欠きましたが、リーグ最下位だったラン守備が今日もレイブンズのラン攻撃を83ヤードと封じる活躍、今年はひょっとしてスーパーボール進出ができるかもしれませんね。やはりう守備がよくないとトーナメント戦は勝ち抜けませんから。
b0077271_164057100.jpgセインツ対イーグルスの試合は、互いに点を取り合いリードが4回入れ替わる大熱戦となりましたが、セインツはデュース・マカリスターがラン21回143ヤード、1TD、レシーブ4回20ヤード、1TD、新人レジー・ブッシュがラン12回52ヤード、1TD、レシーブ3回22ヤードとRBコンビが活躍しイーグルスの守備陣を崩し勝利の原動力となりました。
明日はディビジョナル・プレイオフの残り2試合、サンディエゴ・チャージャース対ニューイングランド・ペイトリオッツ、シカゴ・ベアーズ対シアトル・シーホークス戦が行われます。14勝2敗とレギュラーシーズンでリーグ最高勝率を誇ったチャージャースですが、前回スーパーボウルに出場した1994年以来プレイオフでは勝ちがない一方、ペイトリオッツといえば、ビル・ベリチェックに率いられた2000年以降ではプレイオフで11勝1敗と圧倒的な強さを誇っていますどちらが勝利するかわかりませんね。
NFC1位の13勝3敗をあげたベアーズは、シーズン終盤はQBレックス・グローマスマンのインターセプト多発が気がかりですが、守備陣は安泰ですから、シーホークス苦戦が予想されます。しかし一発勝負は何が起きるかわかりませんから、こちらも好勝負を期待しましょう。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-14 16:41 | 球技