思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第41回スーパーボウルは、コルツ対ベアーズに

カンファレンス・ファイナルの2試合が行われ、AFCはインディアナポリス・コルツが38対334でニューイングランド・ペイトリオッツを、NFCはシカゴ・ベアーズが39対14でニューオリンズ・セインツを下し、それぞれスーパーボウルへの切符をつかみました。ベアーズは21年ぶり、コルツは36年ぶりの祭典出場となります。コルツQBのマニングにとっては、夢の達成への第一歩である、スーパーボール初出場です。またコルツのトニー・ダンジー、ベアーズのロビー・スミス両ヘッドコーチは、スーパーボウル史上初の黒人ヘッドコーチです。

b0077271_1753362.jpg

さて、AFC決勝はすごい試合となりました。第2Qで18点差をつけてペイトリオッツがリードする展開、プレィオフでは圧倒的な勝率を誇るペイトリオッツの勝利と誰もが思う展開を、コルツは地元の利を活かして追い詰めていきます。第4Qに同点に追いつき、最後はジョセフ・アダイの3ヤードTDランでこの試合初のリードを奪い、そして残り224秒にFSマーリン・ジャクソンがインターセプトを奪い、カンファレンス・ファイナル史上最多となる得点差をひっくり返しての逆転勝利を収めました。コルツのQBマニングは、パス47回中27回成功、349ヤード、1TD、1インターセプト、ペイトリオッツのQBトム・ブレイディはパス34回中21回成功、232ヤード、1TD、1インターセプトでした。点の取り合いとな壮絶な試合で見ているものにとっては面白い試合でしたが、双方のファンにとっては気が気でない試合だったと思います。

ベアーズは、第2Q途中で16対0と先制攻撃に成功しますが、セインツは第2Q終盤、第3Q早々に連続TDをあげ、2点差に迫る展開。しかし、ベアーズはセーフティで2点を奪うと、後はワンサイドに近い展開で圧勝しました。特に自慢の強力守備陣が4ターンオーバー(1インターセプト、3ファンブルロス)を奪い、セインツの強力オフェンス陣を封じ込めました。セインツはエースRBデュース・マカリスターがラン6回18ヤード、ブッシュもラン4回19ヤードとラン攻撃が全く機能しなかったのが敗因ですが、ベアーズのランディフェンスが素晴らしかったともいえます。
いよいよ残るはスーパーボールの1試合のみ、最後の試合となる第41回スーパーボウルはリーグ屈指のハイパワー・オフェンスで勝ち上がってきたコルツと、リーグを代表する強力守備陣で勝利をつかんできたベアーズの好対照な顔合わせとなった。アメリカスポーツ界1のビックイベントは、現地時間2月4日にマイアミのドルフィンズ・スタジアムで開催されます。

写真は http://www.nfljapan.co.jp/index.html から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-01-22 17:52 | 球技