思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

WRC第2戦、レグ2で何とソルベルグがコースアウト・リタイア

レグ1を3位で終え、トップを狙える位置でレグ2を向かえたソルベルグですが、この日2つ目のSS10でコースアウトしてスタック、総合34位に転落したしまいました。チームは次戦のノルウェイに万全を期するためリタイアを決定しました。
b0077271_1117441.jpg
b0077271_1118722.jpg
b0077271_11182031.jpg

ラリーは、グロンホルムが安定した走りでトップをキープし、2位のローブとの差を確実に広げてレグ2を終了しました。ソルベルグ兄は4位につけて表彰台を狙う勢い、スバルはレグ1で出遅れたアトキンソンが挽回して6位となっています。最終日にどこまで追い上げられるか期待しましょう。

1 Marcus GRONHORM FORD Focus RS WRC 06 2:22:29.6
2 Sebastien LOEB CITROEN C4 WRC +38.4
3 Mikko HIRVONEN FORD Focus RS WRC 06 +1:13.4
4 Henning SOLBERG FORD Focus RS WRC 06 +1:40.7
5 Daniel CARLSSON CITROEN Xsara WRC +2:46.5
6 Chris ATKINSON SUBARU IMPREZA WRC2006 +2:55.2
7 Manfred STOHL CITROEN Xsara WRC +3:26.7
8 Toni GARDEMEITER Mitsubishi Lancer WR05* +3:28.1
9 Jari-Matti LATVALA FORD Focus RS WRC 06 +3:37.3
10 Mads OSTBERG SUBARU IMPREZA WRC* +5:53.3

ペター・ソルベルグのコメント(スバルのホームページから)
「今回のことはとても残念だし、我々の応援のためにステージに出向いてくれたサポーターのみなさんには、本当に申し訳ない。再びトップ争いに加わることができたのはよかったし、明日も戦っていきたかったが、不運にも14分ものタイムロスでチャンスはなくなってしまった。そのため、我々は先のことを考えなくてはならず、それがノルウェーに万全の態勢で臨むことだと思う。自分の母国のラリーなので、好リザルト獲得のためにベストを尽くしていく」


写真等は http://www.rally-live.com/wrc/en/index.shtml から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-02-11 11:18 | モータースポーツ