思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

明日のフラワーカップにアルビアン出走します/盛岡、水沢競馬廃止!

2月25日のブログに書きましたが、期待している牝馬が抽選を潜り抜けて、無事フラワーカップに出走します。
その牝馬の名前は、「アルビアン」です。所属厩舎は伊藤伸厩舎、馬主は伊達秀和氏、そしてお母さんはあのプリモディーネです。密かに応援している福永祐一騎手の初GⅠ制覇を果たした牝馬です。そして新馬戦、今回と手綱を握るのはその祐一クンです。わざわざ土曜日に中山に来ての騎乗ですから、彼も期待しているのではと思います。
馬主さんも伊達さんなので、勝負服はプリモディーネと一緒ですね、ここで勝利して、母娘2代の桜花賞制覇を期待しましょう。
ライバルの一番手、イクスキューズが回避しましたから、結構いい線いくのではと思っています。ショウナンタレント、ジョウノガーベラ、マイネルーチェがライバルではないかと考えていますが、ホクレレなどの1勝馬も要注意です。
b0077271_85725.jpg
写真は「プリモディーネ桜花賞制覇」の瞬間(http://www.carrot.ne.jp/gallery/ から)

話題は変わり、地方競馬から『岩手県議会は15日夜の本会議で、岩手競馬再建のため岩手県競馬組合(管理者・増田寛也知事)などに県が297億5000万円を融資する2006年度補正予算案を否決した。」これを受けて増田知事は16日未明、記者会見し「競馬事業を本年度で廃止せざるを得ない」と述べ、2006年度で廃止する意向を示した。』
盛岡市、奥州(旧水沢)市議会は補正予算を可決していましたが、本家の岩手県議会が否決ということで、多額の融資を止められてしまい廃止の道を選ばざるを得ないことは残念です。「メイセイオペラ」のふるさとがなくなってしまう、競馬ファンとしてはやるせない気持ちです。TCKの海外競走馬導入について賛否両論ありますが、真剣に新しい方策を考える時期だと思います。
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-16 08:05 | 日記