思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

スパイカー、カスタマーカーへの抗議をスポーツ調停裁判所に提出

一部スポーツ新聞では、週末からこの話題がでていましたが、今朝の朝日新聞にも小さいながら生地が掲載されていました。スパイカーに同調するコンストラクター(ウィリアムズ?)もあると記事では語られていましたから、結論がでるのはかなり先ではないでしょうか。
事の発端は、スーパーアグリSA07が速すぎたことが原因ではないかと勝手に考えています。昨年と同じように予選第2ピリオード進出が目標程度のタイムしかマークできなければこのような問題にはならなかったのではと思います。
以下、スパイカーF1のコリン・コレス氏のコメント
「我々は検査官と話し合ったが、彼らはこれはFIAの問題ではなく、コンコルド協定の問題であるとの考えを明らかにした。したがってわれわれはスイスのスポーツ調停裁判所(CAS)に、この件を持ち込むつもりである」
問題は、バーニー・エクレストンもこのコレス氏の主張を支持していることです。
「これらのマシンは、そのチームがデザインし、製造したものではないため、もしこれらのマシンが走り続けるのが認められたとしても、コンストラクターズポイントを得る資格はない(ドライバーズポイントに関しては影響なし)。」 影響力のある人物ですから、要注意です。
b0077271_130398.jpg
b0077271_1304763.jpg
b0077271_1305578.jpg

写真は http://motorsport.com/photos/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-19 12:30 | モータースポーツ