思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タミフル、厚労省が10代の服用禁止

ちょっと遅かったような気がしますが、厚生労働省は20日インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用後、いずれも12歳の男児が転落し骨折する事故が新たに2件起きていたことを発表しました。同省は「因果関係は明らかではない」としながらも、同日深夜に会見して、10歳以上の未成年については原則、タミフル使用を控えるよう添付文書を改訂、医療機関に「緊急安全性情報」として配布するよう輸入販売している中外製薬に指示したことを明らかにしまた。予期しない重要な副作用が生じた場合に発する「緊急安全性情報」を同省が出すのは04年3月以来3年ぶりのことです。
タミフル服用後に異常行動を起こし、死亡した子供の事故は04年以降、計5件発生しており、今年2月にも愛知県と仙台市で中学生がタミフル服用後に転落死する事故が相次いでおりマスコミでも取り上げられていましたから、今回の対応は当然だと思いますが、遅かったという感じはあります。ただ私の友人はインフルエンザにかかって、タミフルを飲んでよくなったと言っていますから、薬としては有効なのでしょうが、小児と成人は異なりますから、細心の注意が必要だったのではと思います。
厚生労働省研究班の班長としてタミフルの副作用を調べている横田俊平・横浜市立大教授(小児科)の話飛び降りなどは、タミフルを飲まなくても生じた例もあり、学問的には副作用かどうか分かっていないと考えている。ただ、服用後にいくつも異常行動例が出たことで、厚労省が10歳以上の未成年で原則として服用を差し控えるよう求めたのは社会的措置としては理解できる。
b0077271_1226667.jpg

タミフル:スイス・ロシュ社が製造するインフルエンザ治療薬。同社の推計では、01年の発売以来、世界の服用者の約8割にあたる約2450万人が日本で服用した。 より詳しいことはこちらを参照してください。

関係ないかもしれませんが、新薬の承認などを手掛けていた厚生労働省の元課長が昨年3月、インフルエンザ治療薬「タミフル」輸入販売元の中外製薬に天下っていたこと、タミフルについて、異常行動との因果関係について否定的な調査結果をまとめた同省研究班の主任研究者が、自分の大学講座に同社から寄付を受けていたことが明らかになったことなどあると、変な勘ぐりもしてしまいます。

(追記:13:12)
いろいろなご意見をいただきました。以前ブログで藤田さんのことを書きましたが、そちらも参考にしてください。
医療問題全体に関わることのように思います。
藤田憲一さん/パート
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-03-21 12:26 | 日記