思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

トヨタの冨田チーム代表「スーパーアグリのマシンを徹底的に調査すべき」と発言

トヨタのチーム代表の冨田務氏は、スーパーアグリとトロロッソのカスタマーカー問題に対して、スパイカーが進める調停手続きを完全に支持する考えを明らかにしました。
今まで、トヨタはスパイカーへの後方支援という形に留まっていましたが、この件に関してトヨタ上層部が公に発言することはほとんどなく、ショッキングな出来事としてとらえています。
トヨタは特に、スーパーアグリの件に関して不満を持っているようですが、鈴木亜久里氏がヒーローとして注目を集める日本でスーパーアグリに敵対する立場を取ることは、トヨタにとって厄介な問題を引き起こす恐れもあると見られています。
富田代表の言葉
「2008年ならば、この件に関してはなんの問題もない。しかし、2007年では禁止されている事柄だ。これは非常にはっきりしている。そのため、我々は反対せざるを得ない。ほかのチームを調査する機会などなかったし、それは不可能だ。しかし、メルボルンでは彼らの写真を手に入れることもできた。この問題の象徴的な例は、スーパーアグリのラジエーター、そして土台の部分に表れている。これらは、昨年のホンダのマシンとほぼ同じデザインだ。完全に空力の面で影響を受けており、その部分は同じものだと言える。これまで調査を実施する機会など全くなかったし、詳細まで調べることは不可能だった。個人的に、2007年のアグリのマシンと2006年のホンダのマシンを横に2台並べて、全ての部品を比べてみることをバーニー(・エクレストン)にはおすすめするよ。私たち自身でそれをするのは無理があるからね。」
ホンダとスーパーアグリにとっては、厄介な問題が新たに発生してしまいました。今後の動きに注目していきましょう。
b0077271_12303943.jpg
b0077271_12304873.jpg


写真は http://motorsport.com/photos/ から 
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-10 12:31 | モータースポーツ