思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

インディジャパンはカナーンが初優勝、松浦は0周リタイア

21日決勝が行われ、T.カナーン選手がもてぎサーキット初制覇です。曇り空の中、レースはスタートしましたが、わずか数秒後にショッキングな出来事が発生しました。何と第2ターンで松浦選手のマシンがスピンしてコンクリートウォールに激突してしまいました。レースの興味が半減してしまいましたが、トップ争いはなかなかの迫力でした。
レースはポールからカストロネベス選手が逃げる展開ですすみますが、中盤を過ぎると、カナーン選手とウェルドン選手の一騎打ちの様相となりました。またピットストップのタイミング、回数も大きく影響し、一時はホーニッシュJr選手がトップにたちましたが、最終的にはカナーン、ウェルドン両選手のマッチレース。最終周まで勝敗の行方はわからず、タッチの差でカナーン選手がチェッカーを受けました。F1もいいですが。久しぶりに見たIRLもなかなか迫力があり、レース自体も高速パレードでないバトルがあり、面白かったですね。
b0077271_19402789.jpg
b0077271_19405938.jpg

最終結果
1 11 トニー・カナーン Andretti Green Racing D/H/F 1:52:23.2574
2 10 ダン・ウェルドン Target Chip Ganassi Racing D/H/F +0.4828
3 27 ダリオ・フランキッティ Andretti Green Racing D/H/F +11.5538
4 9 スコット・ディクソン Target Chip Ganassi Racing D/H/F +13.0623
5 6 サム・ホーニッシュJr. Team Penske D/H/F +1Lap
6 8 スコット・シャープ Rahal Letterman Racing D/H/F +1.3149
7 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +2.3356
8 17 ジェフ・シモンズ Rahal Letterman Racing D/H/F +14.3647
9 2 トーマス・シェクター Vision Racing D/H/F +15.5252
10 15 バディ・ライス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +16.3194
11 7 ダニカ・パトリック Andretti Green Racing D/H/F +2Laps
12 14 ダレン・マニング A.J. Foyt Enterprises D/H/F +3.8787
13 22 A.J.フォイト4世 Vision Racing D/H/F +3Laps
14 5 サラ・フィッシャー Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +14.1634
15 20 エド・カーペンター Vision Racing D/H/F +8Laps
16 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Green Racing D/H/F +66Laps
17 4 ヴィットール・メイラ Delphi Panther Racing D/H/F +150Laps
18 55 松浦孝亮 Super Aguri Panther Racing D/H/F +200Laps

写真は http://news2.as-web.jp/contents/news_category.php?cno=21 から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-04-21 19:41 | モータースポーツ