思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

史上4回目の日本人投手対決は松坂の勝利

MLB史上5年ぶり4回目の日本人投手の先発対決は、松坂大輔投手が7回5安打1失点8奪三振の好投で勝利しました。これで松坂投手は4勝目です。一方の大家友和投手は五回途中3失点で降板し4敗目(2勝)となりました。なお試合はレッドソックスが9-3でブルージェイズに大勝しています。
松坂投手は1回二死一、二塁と立ち上がりに安打と四球でピンチを招きます。5番・グラース選手を外角へのスライダーで内野フライに打ち取って無失点で切り抜け、その後もランナーは出しますが、切れのある球で要所を締め、崩れることなく7回1失点でしのいでの勝利です。ここ数戦、7回6失点、6回4失点、5回7失点と内容が悪い投球が続いていましたが、とりあえずはまずまずの投球内容ではなかったかと思います。
一方の大家投手は、立ち上がりから制球が定まらず、2回までに1敬遠を含む4四球。自らの失策も絡んで走者をため、計3失点と思い通りの投球ができなませんでした。
b0077271_1255261.jpg

松井秀喜選手は「5番・左翼」で先発し、4打数1安打1打点で、チームは6-2で勝利、斎藤投手は5-3の9回から3番手で登板、1回無失点で今季10セーブ目を挙げています。
イチロー選手は5打数2安打、城島捕手も5打数2安打、マリナーズは9-2でタイガーズに大勝しています。

写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-05-10 12:55 | 球技