思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

松坂大輔堂々の10勝目をあげる、イチローは打率トップ、斉藤は23セーブ目をあげる

b0077271_18215870.jpg日本であれば間違いなく完封勝利であったと思われる10勝目であったと思います。ただし本人のコメントは「悪いなりに抑えられた」とのこと、調子がよければどんなピッチングをするのか大変楽しみです。試合は
試合は2回に3四球からレッドソックスが3点をあげ、松坂投手に久しぶりの援護。その3点をバックに序盤は毎回三振を奪う力投で8回を4安打、9奪三振、無失点の見事な投球を見せました。6月以降の6試合でわずか計6失点と抜群の安定感を見せていますから、勝ち星の量産は十分期待できます。
日本選手の大リーグでのシーズン10勝は、今回の松坂投手で通算17度目となります。野茂英雄投手が1996年、2002年、03年にいずれも16勝するなど7度も記録しているのを筆頭で、最短は石井一久投手の2002年6月。

オールスター選出組のイチロー選手、斉藤投手も活躍しています。イチロー選手、チームは大敗してしまいましたが2安打を放ち今シーズン初めて打率トップとなりました。また斉藤投手も9回1イニングを無失点に抑えて23セーブ目をあげています。そして岡島投手ですが、中間発表によれば1位とか、最後の枠に滑り込めるか可能性が大きくなりました。


写真は http://www.sanspo.com/ から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-04 18:22 | 球技