思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

松坂7敗目、イチロービッグな契約更改の中身

レッドソックスの松坂大輔投手はボストンでのホワイトソックス戦に先発、5回3分の0を投げ、2安打6三振6四球3失点で7敗目(11勝)を喫してしまいました。
松坂投手、1回に連続四球とピアジンスキー選手の適時打で1失点してしまいましたが、味方打線が一度は逆転、しかし6回に3連続四球の後、再びピアジンスキー選手に右前2点適時打され逆転を許して降板です。四球を連発してタイムリーを打たれるという悪いパターンの投球、自滅してしまったといったほうが正解かもしれません。
また8回に登板した岡島投手もコナーコ選手に左越え本塁打され、連続試合無失点が15で止まってしまいました。レッドソックスの日本人投手には御難の日でしたね。
b0077271_16462432.jpg


一方、イチロー選手の来季からの5年契約の詳細が明らかになり、総額9000万ドル(約108億円)すべてを受け取るのは最短でも25年後の32年までかかることが分かったそうです。新規契約金として500万ドルが支払われ、1年当たりの年俸は1700万ドル、そのうちの1200万ドルは毎年振り込まれるが、残り500万ドルは引退後に5・5%の利子がついて後払いされるというもの。裏を返すと毎年500万ドルはマリナーズが自由に使えるお金であり、若手選手の獲得などに利用されるであろうという声も聞かれています。イチロー選手、マリナーズが大好きのようですね。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-07-20 16:47 | 球技