思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

世界陸上、末続慎吾も2次予選で敗退

b0077271_12393887.jpg悲劇は日本のエースにも襲いかかってしまいました。末続選手が顔面蒼白のままゴールにたどり着き、2次予選32人中19位の惨敗劇。原因不明の頭痛と全身けいれんで30分間の点滴治療後、末続選手は以下のコメントを残しています。「全力は尽くしたけど残念です。言い訳はしたくない。」
今後は体調面を万全にして、4x100mリレーに全力をつくして欲しいものです。どうも昨日も書きましたが、日本人選手は実力を発揮できずに敗退してしまっています。末続選手もメダルは難しいと思っていましたが、決勝には進出してくれるのではと期待していましたが、2次予選敗退とはなんとも言葉がありません。

翻って海外の実力者は結果を残していますね。棒高跳びのイシンバエワ選手、世界記録達成はダメでしたが完勝でした。「ありがとうございます。」という覚えたての日本語を連発していました。試合中と試合後の表情のギャップにビックリ。結構かわいらしい顔立ちですね。
b0077271_12403339.jpg
b0077271_12404114.jpg

■女子棒高跳び・決勝結果
1位:エレーナ・イシンバエワ(ロシア) - 4メートル80
2位:カテリナ・バドゥロバ(チェコ) - 4メートル75
3位:スベトラーナ・フェオファノワ(ロシア) - 4メートル75
4位:モニカ・ピレク(ポーランド) - 4メートル75
5位:バネッサ・ボスラック(フランス) - 4メートル70
6位タイ:ユリア・ゴルブチコワ(ロシア) - 4メートル65
6位タイ:ファビアナ・ミュラー(ブラジル) - 4メートル65
8位:アンナ・ロゴフスカ(ポーランド) - 4メートル60

女子走り幅跳び、男子3000メートル障害の2種目は、同一国がメダル独占です。ロシアとケニアどちらもこの種目、得意のようですね。日本も女子マラソンでメダル独占、淡い期待かもしれません。
■女子走り幅跳び・決勝結果
1位:タチアナ・レベデワ - 7メートル3
2位:リュドミラ・コルチャノワ - 6メートル92
3位:タチアナ・コトワ - 6メートル90
4位:ナイデ・ゴメス(ポルトガル) - 6メートル87
5位:ビアンカ・カプラー(ドイツ) - 6メートル81
6位:マウレン・イーガ・マギ(ブラジル) - 6メートル80
7位:ケイラ・コスタ(ブラジル) - 6メートル69
8位:ブリトニー・リース(米国) - 6メートル60
b0077271_12434250.jpg
■男子3000メートル障害・決勝結果
1位:ブライミン・キプロプ・キプルト(ケニア) - 8分13秒82
2位:エゼキエル・ケンボイ(ケニア) - 8分16秒94
3位:リチャード・キプケンボイ・メートロング(ケニア) - 8分17秒59
4位:ムスタファ・モハメド(スウェーデン) - 8分19秒82
5位:ブアブダラ・ターリ(フランス) - 8分20秒27
6位:タレク・ブバラク・タヘル(バーレーン) - 8分22秒51
7位:エリセオ・マルティン(スペイン) - 8分22秒91
8位:ハリル・アッカス(トルコ) - 8分22秒95

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/sports-others/athletics から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-08-29 12:40 | 陸上競技