思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

イチロー7年連続200安打、松坂14勝

日本人メジャーリーガーがそれぞれ記録を達成しましたがその記録の重み、達成の仕方は全然異なっていると感じた1日でした。
まずはイチロー選手の200安打達成についてです。マリナーズ9連敗の真最中、本人としても遠くなっていくプレィオフ進出について悶々としていたのでしょう。派手に200安打を決めてくれました。1打席目にヒットを打っての2打席目、多分ホームランを狙っていたと思います。7年連続の200安打、イチロー選手の場合、節目のヒットはホームランというケースは過去にもありましたから、絶対狙っていたと思います。ましてクレメンス投手が投げているわけですから1発狙いは彼の性格からすれば当然だと思います。そして彼のすごいところはちゃんと結果を出すことです。
b0077271_21104261.jpg

後は7年連続100得点、こちらも数試合で達成可能ですので、プレィオフ出場に向けてまたモチベーションがあがっていると思います。頑張れマリナーズ!! ですね。
さて、もう一人は松坂大輔投手です。こちらは折角味方打線が爆発してのですから、KOされずにしっかり抑えてこそエースではないかと感じました。とりあえず日本人メジャー新人投手の最多勝利に並んだことは評価しますが、やはり6回に急に乱調となるのはいただけません。次回の登板はきっちり抑えてこその大輔投手だと思います。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports/baseball から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-04 21:11 | 球技