思っていることを書いています。最近、TBの調子がイマイチですので、返信できない場合はごめんなさい。


by motohirokoshiyama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

世界柔道選手権最終日に日本復活、谷、棟田、塚田が金メダル

柔道の世界選手権がブラジルで開かれていました。日本勢力は初日に井上選手、鈴木選手が敗れてリズムに乗れずに金メダルゼロで大会終了かという瀬戸際で、谷亮子選手が魅せてくれました。延長戦での接線もありましたが、全試合危なげなく勝利して見事に金メダル獲得です。
世界選手権の7勝目は至上初めての記録だそうで、「ママでも金」は実現しましたね。このほか、男女の無差別級に出場した棟田康幸選手と塚田真希選手が優勝し、何とか面目を保った世界選手権でした。
b0077271_12341620.jpg
世界選手権と同時に、国際柔道連盟(IJF)の理事改選があり山下泰裕理事が落選し、日本人理事がゼロとなるなど、日本のお家芸の柔道も国際化が進み、日本の発言力がどんどん低下していってしまったことと、今回の結果は何らかの関係があるように思います。単に練習で鍛錬するだけでなく、国際ルールをよく理解し、海外での試合での判定にクレームをつけることなくすっきりと勝利する体制整備が急務ではないかと感じました。
谷亮子選手、いろいろありましたがおめでとうございます。

写真は http://www.afpbb.com/category/sports から
[PR]
by motohirokoshiyama | 2007-09-18 12:37 | 日記